RPMを個別にダウンロードし、yumのローカルリポジトリを構築する

前提

以下の環境で動作確認

要素 バージョン
CentOS 6.9
yum 3.2.29
createrepo 0.9.9

目的

インターネットに接続できない環境でRPMパッケージをインストールするために、事前にインターネットに接続できる環境でyumリポジトリを構築する。リポジトリはDVDなどの外部メディアを用いてインターネットに接続できない環境内に配置することを想定する。

リポジトリで管理するパッケージのダウンロード

今回は動作確認用としてnginxのRPMパッケージを含んだローカルリポジトリを構築する。

まずはリポジトリになるディレクトリを作成

$ mkdir /root/MyRepo

次にRPMパッケージをダウンロードする。
yum installコマンドでは、–downloadonlyオプションを付与することで、パッケージのインストールは行わずにダウンロードのみを行うことができる。–downloaddirオプションでダウンロード先ディレクトリを指定できるので、今回は/root/MyRepoを指定する。

$ yum install -y --downloadonly --downloaddir=/root/MyRepo nginx

MyRepoディレクトリを見ると、依存パッケージも含めてnginxのパッケージがダウンロードできていることがわかる

$ ls /root/MyRepo/
nginx-1.10.2-1.el6.x86_64.rpm                 nginx-mod-http-image-filter-1.10.2-1.el6.x86_64.rpm  nginx-mod-mail-1.10.2-1.el6.x86_64.rpm
nginx-all-modules-1.10.2-1.el6.noarch.rpm     nginx-mod-http-perl-1.10.2-1.el6.x86_64.rpm          nginx-mod-stream-1.10.2-1.el6.x86_64.rpm
nginx-mod-http-geoip-1.10.2-1.el6.x86_64.rpm  nginx-mod-http-xslt-filter-1.10.2-1.el6.x86_64.rpm

ローカルリポジトリの構築

yumリポジトリの構築には、createrepoというツールを使う。こちらはyumでインストールできるので普通にインストール。

$ yum install -y createrepo

インストールできていることを確認

$ createrepo --version
createrepo 0.9.9

MyRepoディレクトリ内に、yumリポジトリを構築

$ createrepo /root/MyRepo/
Spawning worker 0 with 8 pkgs
Workers Finished
Gathering worker results

Saving Primary metadata
Saving file lists metadata
Saving other metadata
Generating sqlite DBs
Sqlite DBs complete

MyRepoディレクトリ内にrepodataというディレクトリが作成されていれば成功

$ ls /root/MyRepo/repodata/
692561d7eb657f2cc6bd22928db903b26b6b24e4f220d3d69f80bb10b2b8490f-primary.xml.gz
8ff28a60f7a205ef1d69a193e7560f72ce26f2877788a7e61e429cead8b2115f-primary.sqlite.bz2
9e33288bed1a69b3f0161cee7a3fb456f424f371eb04265bbe0e8934cff4b17a-filelists.sqlite.bz2
a83bc7ec7e90bef8452061c3e3987f4fa45343450ba466f13266b4bfe3025965-filelists.xml.gz
d2387c0a071800a022eef83703840761a0294e6dc09e91b9ce02f9a45f1688de-other.xml.gz
fa70a39d2111e3440f54c2deddcf5df9c6014295f7ddcf648baf1bffd9bd468d-other.sqlite.bz2
repomd.xml

リポジトリへの参照を追加

前項でローカルリポジトリを作成したが、そこにリポジトリがあることをyumに教えて上げる必要がある。
yumが参照するリポジトリ一覧は、/etc/yum.repos.d/にある

$ ls /etc/yum.repos.d/
CentOS-Base.repo       CentOS-Vault.repo      docker-main.repo   mysql-community-source.repo  remi-php70.repo  remi.repo
CentOS-Debuginfo.repo  CentOS-fasttrack.repo  epel-testing.repo  mysql-community.repo         remi-php71.repo
CentOS-Media.repo      centalt.repo           epel.repo          remi-php54.repo              remi-safe.repo

ここに今回作成したMyRepoの情報を追加する

$ vim /etc/yum.repos.d/MyRepo.repo

エディタで以下のようにリポジトリの設定を記述
nameはリポジトリ名を適当に、baseurlには構築したリポジトリのパスを、gpgcheckは、署名なしで利用できることを示す0を設定する。

[MyRepo]
name=MyRepo
baseurl=file:///root/MyRepo
gpgcheck=0

yumコマンドでリポジトリが認識されていることを確認。ダウンロードしたnginxも認識されていることがわかる

$ yum list all | grep MyRepo
GeoIP.x86_64                              1.6.5-1.el6                  @MyRepo
GeoIP-GeoLite-data.noarch                 2017.01-1.el6                @MyRepo
GeoIP-GeoLite-data-extra.noarch           2017.01-1.el6                @MyRepo
gd.x86_64                                 2.0.35-11.el6                @MyRepo
geoipupdate.x86_64                        2.2.1-2.el6                  @MyRepo
nginx-filesystem.noarch                   1.10.2-1.el6                 @MyRepo
nginx.x86_64                              1.10.2-1.el6                 MyRepo
nginx-all-modules.noarch                  1.10.2-1.el6                 MyRepo
nginx-mod-http-geoip.x86_64               1.10.2-1.el6                 MyRepo
nginx-mod-http-image-filter.x86_64        1.10.2-1.el6                 MyRepo
nginx-mod-http-perl.x86_64                1.10.2-1.el6                 MyRepo
nginx-mod-http-xslt-filter.x86_64         1.10.2-1.el6                 MyRepo
nginx-mod-mail.x86_64                     1.10.2-1.el6                 MyRepo
nginx-mod-stream.x86_64                   1.10.2-1.el6                 MyRepo

ローカルリポジトリを用いたインストール

最後に、構築したローカルリポジトリを用いて、nginxのインストールを行う。

nginxがまだインストールされていないことを確認

$ which nginx
/usr/bin/which: no nginx in (/usr/lib64/qt-3.3/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/root/bin)

MyRepoリポジトリを用いてnginxをインストール
通常通りinstallコマンドを使うが、–disablerepoで一度全てのリポジトリを無効にし、–enablerepoでMyRepoのみを有効にすることで、確実にMyRepoリポジトリからnginxをインストールする

$ yum install -y --disablerepo=\* --enablerepo=MyRepo nginx
(中略)
インストール:
  nginx.x86_64 0:1.10.2-1.el6

依存性関連をインストールしました:
  nginx-all-modules.noarch 0:1.10.2-1.el6        nginx-mod-http-geoip.x86_64 0:1.10.2-1.el6            nginx-mod-http-image-filter.x86_64 0:1.10.2-1.el6
  nginx-mod-http-perl.x86_64 0:1.10.2-1.el6      nginx-mod-http-xslt-filter.x86_64 0:1.10.2-1.el6      nginx-mod-mail.x86_64 0:1.10.2-1.el6
  nginx-mod-stream.x86_64 0:1.10.2-1.el6

完了しました!

nginxをインストールできたことを確認

$ which nginx
/usr/sbin/nginx
$ nginx -v
nginx version: nginx/1.10.2

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です